トップページ > 富士山の天然水

直前のページに戻る直前のページに戻る

富士山のバナジウム天然水ならCLYTIA25

他社のミネラルウォーターとの
バナジウム含有比較
他社ミネラルウォーターとのバナジウムの含有量を比較
ミネラル成分
  • カルシウム:6.4mg
  • マグネシウム:2.2mg
  • カリウム:1.2mg
  • ナトリウム:6.8mg
  • バナジウム:91μg
  • 亜鉛:10μg
  • フッ素:850μg
クリティアの水がおいしい理由
  • クラスター値:62
  • pH(ペーハー):8.3
  • 硬度:25
  • Ca/Mg比率:3.1
  • 溶存酸素:8.1mg
成分機能
  • バナジウム:糖尿病対応
  • フッ素:虫歯菌対応
  • 亜鉛:活性
  • :貧血病対応・脱毛症対応
  • クラスター値:62
  • この値は自然水では最高水準です。

  • pH値(ペーハー値)
  • アルカリ性の最適値です。おいしい水とされるのはpH8〜8.5の範囲です。

  • 硬度:25
  • 日本食文化に最適な値であり、通常飲みやすくて美味しい水とされる水の硬度は20〜50とされています。

  • Ca/Mg比率(カルシウムとマグネシウムの含有比率:3.1)
  • Ca/Mg比率の理想は3:1といわれており、クリティアはほぼ理想である基準を満たしています。

  • 飲むだけではない!クリティアのおいしさの秘密
  • 旧厚生省(現 厚生労働省)諮問機関「おいしい水研究会」による「おいしい水」の基準に合致しています。
    蒸発残留物(ミネラル)・・・30〜200mg/L
    硬度・・・ 10〜100mg/L

    水に含まれているカルシウムは、だしのもっている旨味成分を閉じ込め、煮汁が出るのを邪魔してしまいます。そのため、みそ汁を含め、だしをとる料理では、カルシウム含有量の少ない「軟水」を使用すると、旨味をたっぷり引き出すことができます。ご飯を炊くとき、水に含まれているカルシウムは、米の表面を覆い米が水を吸収するのを邪魔してしまいます。「軟水」でご飯を炊くと、米は水分を多く吸収して、ふっくらと美味しく炊き上がるのは、そのためです。

    「軟水」でお茶をいれると、旨味や渋味、苦味がまんべんなく溶け込み色あいが鮮やかになります。「軟水」は紅茶、緑茶、中国茶に適した水と言われています。

    このように、みそ汁、お米、お茶など、日本の伝統的な飲物、食べ物は「軟水」をつかうと、美味しく仕上がります。日本の伝統的な食文化は、「軟水」の多い日本ならではのものと言われているのです。

  • クリティアは「良質な水」
  • 水質が他の追随を許さないほど優れています。

    1.発ガン性が高まったり、赤ちゃんのフルーベビー病を引き起こしたりなどさまざまな毒性を持ち、煮沸するとかえって濃度が高まるという亜硝酸性窯素の含有量が0.08mg/Lと極めて少ない。(一般的な水道水の50分の1、一般的な有名輸入天然水の40分の1)

    2. トリハロメタン0.0007mg、カドミウム0.001mgと含有量がずば抜けて少ない。

    3. 身体に最もやさしい弱アルカリ性(pH8.3)

    4. 和の食文化に適していると言われている軟水(硬度25)

    5. バナジウムを驚異の91μg/1L含有 (バナジウムとは肝機能障害や血液浄化に改善が認められたり、血糖値降下作用が認められるなどの報告がされている元素ですが、この水は医薬品ではありませんのでその効果を保障するものではありません、またその様な効果が現れる とは限りません。)

    6.希少価値の高い亜鉛を10μg/L含有。
    注:(亜鉛はうつ病、味覚障害、性機能低下などの改善や予防に効果があるという説がありますが、理論が確立しているわけではなく、決してこの水によってその予防効果があったり、改善が見られるというものではありません。)

    7. 4大ミネラル(カルシウム,マグネシウム,カリウム,ナトリウム)を良いバランスで含有。
    特に味の良し悪しにも影響するとされるカルシウム:マグネシウムが3:1でバランスされているお水です。

    8. クラスター値(水の分子の固まり)が小さく身体に浸透しやすく飲みやすい。
    注:(クラスター値についての定説は完全には立証されているわけではありません)

    9. 規格化値が高く酵素の働きを活性化(活性酸素の活動を抑止)。
    注:(規格化値についての定説は完全には立証されているわけではありません)

    10. 界面活性力(油脂を溶かす)が高い
    注:(界面活性力についての定説は完全には立証されているわけではありません)

  • クリティアは理想的な「ミネラルバランス」
  • 4大ミネラルとともに、健康をサポートする微量ミネラルを、バランスよく含んでいます。

    CLYTIAは、ベストといわれている【カルシウムとマグネシウムのバランス2:1〜3:1】に合致。

    カルシウムとマグネシウムは骨や歯をつくるのに必要な栄養素で、双方が協力して働く。

    カルシウムばかり多量にとっていると、余分なカルシウムが排泄される際、マグネシウムも一緒に排泄される。不足したマグネシウムは骨から血中に溶出するが、一緒にカルシウムも溶出するので、カルシウムを多くとっても、かえって骨中のカルシウム量が減少するカルシウムパラドックスという現象が起こる。→カルシウムパラドックスといいます。

    カルシウムパラドックスを起こさず、丈夫な骨をつくるための理想的なバランスが、カルシウム2〜3:マグネシウム1。
    注:(この定説は完全には立証されているわけではありません)

    バナジウム」の持つ生理・薬理機能について研究者の間で大きな注目が集まっており、健康をサポートする成分として、各国の研究者が様々な研究を続けている。

    その他にも、高血圧を防ぐ効果がある(K)、酵素の成分であり新陳代謝や免疫作用にかかわる(Zn)、酵素の運搬に不可欠な(Fe)をバランスよく含んでいます。

▲ページの先頭に戻る



Copyright (C) http://clytia-water.net <ウォーターサーバー・天然水ならクリティア> All Rights Reserved.